大人気シリーズ『The Elder Scrolls』をオンラインゲームで!広大なオープンワールドで描かれるダークファンタジーが特徴的!

『エルダー・スクロールズ・オンライン』とは?

『エルダー・スクロールズ・オンライン(The Elder Scrolls Online)』は、ベゼスダ・ソフトワークスが発売している『The Elder Scrolls』シリーズのPCオンラインゲームです。
正式サービスは2014年に開始され、2015年にはThe Elder Scrolls Online: Tamriel Unlimitedへと大規模アップデートが行われました。
2012年に公表される5年以上前には先立って開発されていたゲームで、『The Elder Scrolls』シリーズの流れを組みつつも、PCオンラインゲームならではの楽しみがあるゲームになっています。
長らく日本語版はありませんでしたが、DMM.comより、2016年にサービス開始されました。

 

 

重厚なダークファンタジーの世界をオープンワールドで楽しめる!

『エルダー・スクロールズ・オンライン』で描かれるのは、『The Elder Scrolls』シリーズではお馴染みとなっているタムリエルという架空の大陸での物語です。
シリーズを通した歴史としては、『The Elder Scrolls V: Skyrim』の出来事よりも前の時代が描かれます。
異次元「オブリビオン」からかつてない規模で押し寄せる「デイドラ」と呼ばれる悪鬼の軍勢が押し寄せる時代。
そんな大混乱の中、空席となった帝都の玉座を巡り、愚かなことに3つの同盟軍が戦端を開こうとしていました。
このように、「皆で団結してデイドラを追い払おう!」とならず、「この機に世界の派遣を握ろう」となるダークファンタジーな世界観がシリーズの特徴です。

『The Elder Scrolls』シリーズの舞台は、膨大な設定に支えられ、独自の歴史や価値観を持ちながらも、現実の世界の歴史や文化を下敷きにしている部分があり、そのリアリティも評価されています。
例えば、スカイリム地方に住む種族である「ノルド」は、北欧で活躍した――あるいは北欧を荒らし回ったその蛮勇で知られる――ヴァイキングをモデルにしており、彼らは戦いの中で死ねば神々の元へ行けるのだという信仰とともに暮らしています。

そのような種族の個人、団体、国自体と敵対したり、傘下に入るのも『The Elder Scrolls』シリーズの醍醐味ですが、その楽しみは『エルダー・スクロールズ・オンライン』でも味わうことができます。

 

 

玉座を争う3つの同盟

『エルダー・スクロールズ・オンライン』では、タムリエルの皇帝の座を争う3つの派閥のいずれかに加入する機会があります。

「ダガーフォール・カバナント」は、規律正しく武術に長けた「レッドガード」が、機知に富む民族「ブレトン」の仲介を得て、しぶしぶ「オーク」と組んだ同盟です。
「エボンハート・パクト」は、気難しい「ダークエルフ」、かつての奴隷で爬虫類の「アルゴニアン」、そして先程説明した、蛮族として知られる「ノルド」の、常にきしみをあげる凸凹同盟。
「アルドメリ・ドミリオン」は、自分たちより歴史が浅く野蛮な種族による統治は歴史の過ちであると考える同盟で、発達した文化を持つ「ハイエルフ」が、賢さと狡賢さを持ち合わせた「ウッドエルフ」や、猫のような種族「カジート」と手を組んだ同盟です。

どの勢力も、動機や積極性は違えども帝都シロディールにある玉座の掌握を目指しており、激突を繰り返しています。
どれを選んでも後悔しそうな、そんな不和を抱えた一癖も二癖もある同盟ばかりですが、いずれの勢力に属するかはプレイヤーに委ねられています。
『エルダー・スクロールズ・オンライン』では、シリーズ初のオンラインゲームコンテンツとして、「シロディールの戦場」が用意されています。
「シロディールの戦場」では同盟間の戦争が繰り広げられており、いつでも戦略的で、大規模な対人戦を楽しむことができます。

 

 

拡張を続ける『エルダー・スクロールズ・オンライン』の世界

シロディール中心に位置する帝都がプレイ可能になるDLC1『インペリアルシティ』以降も、20時間を超える新規ストーリーが収録されたDLC2『オルシニウム』、DLC3『シーブズ・ギルド』、DLC4『闇の一党』などなど、多くのDLCをリリースしています。
これらのDLCは、ゲーム内ストアで利用可能なクラウンと呼ばれる通貨でも購入できます。
また、それだけではなく、染色台でのコスチューム染めや、獲得経験値・インスピレーションポイント・ゴールドに10%のブースト効果がもたらされるなどの特典がつくプレミアムメンバーシップ「ESO Plus」に加入することで全てのDLCゲームパックにアクセス可能になります。
まだまだ拡充を続け、重厚な設定とやり尽くせないほどのコンテンツ量がプレイヤーを出迎える『エルダー・スクロールズ・オンライン』、ぜひ一度プレイしてみてはいかがでしょうか。