七つの神器を集め天下統一を目指すMMORPGおすすめの月華美人~七つの神器~。オートバトルやギルドバトルを搭載したブラウザオンラインゲーム!

「月華美人~七つの神器~」ゲーム概要

「月華美人~七つの神器~」は、「株式会社ブライブ」が運営を手がける基本無料(一部課金制)のオンラインMMORPGです。2017年1月18日に配信開始されたばかりの新作なので、スタートするには絶好の機会かもしれません。

本作の舞台は「春秋戦国時代」と呼ばれた紀元前770年から紀元前220年頃にインスパイアされた「架空のファンタジー世界
で、プレイヤーはこの世界に降り立った「英雄」となり、乱世を統一するという目標に向かって様々な冒険や戦いを繰り広げることになります。

尚、本作の大きな特徴は、タイトルにも使用されている絶世の美女「月華美人」が登場するという点で、彼女たちは様々な場面でプレイヤーをサポートする「秘書」的な役割を演じます。

戦乱の世である「乱世」を統一し、「秦の始皇帝」となるのは果たして誰なのか、そしてプレイヤーはどの地位にまで登りつめることができるのか、というのが「月華美人~七つの神器~」のコンセプトです。多くのプレイヤーが存在する中国の壮大な地を舞台に、「月華美人」の助けを借りながら冒険を楽しみましょう。

オーソドックスなインターフェースとグラフィックを採用

「月華美人~七つの神器~」では、中国や韓国のMMORPGでよく見られる俯瞰型のゲーム画面を採用しています。ユーザーはプレイ中「上空斜め上」からフィールドを見る格好になり、キャラクターはやや小さめに表示されます。

ちなみに本作ではキャラクターエディット機能は搭載されておらず、用意されたアバターから1つを選ぶ形式になります。

ゲーム画面では左上に「プレイヤーのステータス」、画面右上には「ミニマップ」、そして画面下部中央には「メインインターフェース」が表示されるオーソドックスなスタイルです。MMORPGでは昔から定番の配置なので、この手のジャンルを多くプレイしている人であれば問題なく扱えることでしょう。

グラフィックに関しては作り込みが丁寧で好感が持てます。手が込んだRTS作品を思わせる各種テクスチャには存在感と説得力があり、壮大な世界観を持つ本作の雰囲気とマッチしている印象です。最新の3Dグラフィックを多用したゲームには一歩及びませんが、表示されるオブジェクトの細かさは高いレベルにあると言えます。

「月華美人~七つの神器~」のゲームシステム

「月華美人~七つの神器~」には「クエスト」に相当する「任務」という概念があり、「任務」には「メイン任務」「デイリー任務」「討伐任務」「軍功任務」の4種類があります。「メイン任務」は文字通り「メインクエスト」に該当しますが、プレイヤーのレベルキャップによっては進行できない場合があるため、その際は他の「任務」を遂行するようにしましょう。

また、本作には「月華美人」から「気力」を貰うことができる「ふれあい」というユニークなシステムがあり、1日に3回サイコロを振って「唇」のマークを揃えると大量の「気力」を充填することができます。アダルト的な描写は一切ありませんが、「美人をお供に冒険を繰り広げる」という本作のテーマと合致しているユーモラスなシステムなので、ぜひチャレンジしてみましょう。

さらに画面右上に表示される「挑戦」アイコンからアクセスすると、豪華な報酬がもらえるボス戦やデイリーダンジョンなどにチェレンジできるようになっているので、ゲームに慣れてきたらこれらのサブクエストにも積極的に参加すると良いでしょう。

「月華美人~七つの神器~」のゲームモード

一般的なMMORPGの世界では、大勢の見知らぬプレイヤーがフィールドに集結するため、初心者には常にPK(Player Killing)の恐怖がつきまといますが、「月華美人~七つの神器~」はこれらの行為を抑制するため、「対戦モード」に4種類のゲームモードを設定して安全性を確保しています。

「平和モード」では敵キャラクターのみが攻撃対象となるため、PKは一切発生しません。「チームモード」では自分が所属するチーム以外のプレイヤーと戦うことができます。「ギルドモード」では所属するギルド以外のプレイヤー全てが攻撃対象になり、「全体モード」では自分以外の全てのプレイヤーが攻撃対象になります。

どのMMORPGでも無意味なPKを抑制する試みが導入されていますが、目的別にモードが選べる「月華美人~七つの神器~」のゲームモードは分かりやすく、混乱が発生しない良質な取り組みだと言えます。

「月華美人~七つの神器~」は、こんな人にオススメ!

「春秋戦国時代」を舞台にした「月華美人~七つの神器~」は、プレイヤーの協力者として「美人」というアシスタント要素を登場させたユニークなMMORPGです。登場する「美人」の数も着々と増えてきており、今後も増加することになっているので、多くの「美女」を仲間に加える楽しみがあります。

また、MMORPGではお馴染みの「騎乗生物」要素も押さえているため、広いフィールドの移動手段にも困ることはないでしょう。さらに初心者を守るためのゲームシステムも確立されており、理不尽な妨害を受ける恐れもありません。

ただしインターフェースには多くのアイコンや情報、各種ステータスが表示されるので、MMORPGの基本的な仕組みを理解していないと難しく感じるかもしれない点には注意が必要です。

「月華美人~七つの神器~」は、オーソドックスなMMORPGを楽しんでみたい人にはオススメの作品です!