長年続くMMORPGレッドストーン!2Dの世界で表現される世界は独特で低スペックPCでも機能することができるオンラインゲームです!

まずはこちらの公式動画をご覧ください!

レッドストーンを巡る物語

本作の舞台は架空の世界フランデル大陸。その極東の地方にはかつて落ちたといわれる赤い石レッドストーンの伝説が残されています。

いわくレッドストーンを手にした者は不老不死になり巨大な富を得られるとのことなのですが、いまだ誰もレッドストーンを見た者すらいません。冒険者達はそれぞれの思いを胸に秘めレッドストーン探索に乗り出すのでした。

PCのスペックが高くなくても遊べる!

PCゲームというと最新のCPUや高価なグラフィックボードを用意しなければカクカクになってプレイできない、というものだと思われるかもしれません。特にMMORPGという分野は興亡も激しくグラフィック要素に力を入れている作品も多いものです。ですが『レッドストーン』は例外で、かなり低スペックなパソコンでも十分にプレイすることができます。

『レッドストーン』の必要スペックは何とPentiumII 400Mhzでメモリは128MB、グラフィックボードはVoodoo3以上という数世代前のスペックとなっています。

推奨スペックもPentiumIIIにメモリが512MB、グラフィックボードはGeForce2以上です。唯一記憶容量を2.5GB以上必要とするという点はやや現代的ではありますが、数テラバイトのHDDが1万円以下で買える現在からすると全く問題になることはないでしょう。本作からみれば現行機のPCはどれもオーバースペックとすらいえるほどです。

このようにゲーム用のパーツを備えていない、低スペックなパソコンでも遊べるという点が『レッドストーン』の大きな魅力といえます。

歴史が長い作品

『レッドストーン』は韓国のゲームデベロッパーでありパブリッシャーでもあるL&K Logic Koreaによる作品です。2004年より日本でサービスが開始されたので2018年現在となると14年間も運営している形になります。MMORPGというジャンルでこれだけの長い年数のサービスを継続できている作品というのは珍しく、それだけ根強い支持を得ている作品といえるでしょう。

なお同社はモバイルゲーム開発へ乗り出すようになり、スマホ用アプリとして本作の続編『レッドストーン2』の開発を行っている状況です。韓国国内ではオンラインゲームの開発に政府の助成金が降りなくなったという話やモバイルゲーム分野が盛り上がっているとのことなので、ゲームの運営開発を行う会社として自然な流れなのかもしれません。そうした流れにある中で本作の運営が現在も続けられているというのは遊ぶ側としてありがたいことです。

ゲームの面白さは劣化しない

低いスペックで遊べるということはグラフィックが現行ゲームと比べて劣っているということになりますし、ゲームシステムも14年前のものが基本となっているので作品としての面白さに疑問が残るかもしれません。ですがこの点については全く心配はないといえるでしょう。

現在でも『レッドストーン』より以前のゲームを好んで遊ぶプレイヤーはたくさん存在します。例えば1999年に発売された『大乱闘スマッシュブラザーズ』の世界大会は未だ開催されていますし、同じく1999年にリリースされた名作RTS『Age of Empires II』のオンライン対戦も盛んです。またそれらの作品以前に遊ばれていたレトロゲームの市場も存在します。もっというならオセロや将棋、囲碁に麻雀といったゲームは古来より変わらず親しまれているものです。

ゲームの面白さにはある種の普遍性があり決して時代と共に風化していくようなものではありません。そのため『レッドストーン』はこれからいくら時代を経たとしても同じように楽しむことができるでしょう。新規プレイヤーはもちろん、復帰プレイヤーも懐かしさを感じながらプレイできるはずです。

むしろグラフィックが魅力的

『レッドストーン』のグラフィックは2D表現となっています。現在では3Dモデルにテクスチャを貼るという表現が主流ですが、MMORPG全盛期を彷彿とさせる2Dのグラフィックには他の表現にはない魅力があります。アイテムやスキルなど様々なアイコンは実にゲームらしい表現となっているので一見の価値ありです。

職業が1組のペアになっている

『レッドストーン』ではプレイヤーは2つ1組のペアとなる職業を選ぶことになります。例えば「剣士/戦士」や「ランサー/アーチャー」といった具合です。これらの職業は特性が対となっているため、ランサーで近接攻撃、アーチャーで遠距離攻撃といった形で運用していくことになります。対となる要素は一撃か多段か、柔らかいか硬いか、単体攻撃か複数攻撃か、といったものがあるので色々と遊びがいがあるはずです。ちなみに1つのIDにつき12人のキャラクターを作る事が出来ます。

自由にキャラクターを育て上げることができる

キャラクターのステータスは「力・敏捷・健康・運・知識・知恵・カリスマ」で構成されています。これらを強化するにはレベルアップをする必要があり、レベルアップをすると固定して上昇するポイントが1と自由に割り振れるポイントが4つ手に入るのです。そのため力に特化したり健康を高めにするなど色々なキャラクタービルドが可能となっています。また、職業の中でもネクロマンサー/悪魔と霊術師/闘士に限っては固定して上昇するポイントが存在しないため、5ポイントを割り振ることができる形です。

未だ魅力の尽きないMMORPG

『レッドストーン』は14年の歴史がありながら現在でも十分に楽しむことができる稀有なMMORPGです。低スペックなパソコンでも遊ぶことができ基本無料なので、パソコンにあまりお金をかけなくてもプレイすることができるでしょう。またグラフィックはレトロな魅力を有し、ゲームシステムも独特で味わい深いものとなっています。いつまでも楽しめる作品なので一度気軽に遊んでみて下さい。