オンラインカジノ

ライブカジノって何?

「ライブカジノ」という言葉は、オンラインカジノで遊び始めた方なら目にしたこともあるのではないでしょうか。でも何なのかと聞かれると、文字面から分かるようなわからないような…。今日はそんな方のために、ライブカジノについて説明します。ライブカジノとは、ウェブカメラを通して海外のディーラーと直接ゲームをプレイできるオンラインカジノの人気サービスです。リアルタイムでもプレーできるので、臨場感満載で、家にいながらかなり本格的なカジノ経験をすることが可能です。数あるオンラインカジノのゲームの中でも、定番のスロットやテーブルゲームを抑えて一番人気という説もあるほど人気のゲームです。 詳しく知りたい方は、こちらのライブカジノの素晴らしいガイドを御覧ください。本記事では、『とりあえずざっくり概要を知りたいな』、という方のために基本情報をご紹介します。 ディーラーからこちら側は見えるのか? 『ウェブカメラを通して…』と聞くと、家にいる自分の姿も見えてしまうのでは?と、プライバシー面が心配になる方もいるかと思います。でも、大丈夫です。カメラを通してビデオ通話が行われるわけではなく、一方的に中継映像を受信するだけですので、ディーラー側に客の映像は見えていません。 英語が喋れないんだけど、プレイできるのか? 海外のディーラーとプレイといたら、英語の問題が心配になりますね。でも、大丈夫です。ライブカジノでは、ゲーム中必要な情報は全て画面に日本語で表示されます。ディーラーはもちろん話して盛り上げていますが、特に返事をしたりする必要もなく、意味が分からなくても問題ありません。 ライブカジノで遊べるゲーム では、ライブカジノで遊べるゲームにはどんなものがあるのでしょうか?ランドカジノでは、基本的にカジノゲームが全てプレイできます。ブラックジャック&ポーカー等のカードゲーム、ルーレット等のテーブルゲームなど、とりあえず定番で無いものはありません。それに加えて、ライブカジノでしか遊べないゲームや独自の演出などもあるので、ランドカジノとはまた違った楽しみや、ライブカジノの醍醐味というものがあるのです。 ライブカジノは無料プレイ可能? オンラインカジノでは、テーブルゲームやスロットに無料モードがあることがほとんどですよね。ライブカジノも、無料モードがあるのかな?と気になる方もきっと多いと思います。結論からいうと、残念ながら無料モードはありません…。ライブカジノはディーラーの人件費もかかりますし、無料にするには人気がありすぎるのかもしれません。

オンラインカジノ

日本にランドカジノが出来る予定(Plan to create land casinos in Japan)

日本では長年「賭博法」のもとに「違法」とされてきたランドカジノ(=実体のないオンラインカジノに対して実店舗があるカジノ)。しかし、2018年7月に、通称「カジノ法案」とも呼ばれる「特定複合観光施設区域整備法(以下IR法案)」が成立し、ランドカジノを含むIR施設建設予定が現実のものとなり、流れが変わってきています。 日本には現在ランドカジノは無いため、カジノx (casino-x)など、インターネット上でプレイするオンラインカジノ(https://bestjapanesecasinos.com)も昨今人気が高まっています。 IR(統合型リゾート)とは? では、そもそもIRリゾートとは何なのでしょうか?IRという言葉は英語の“Integrated Resort”の頭文字をとったもので、そのまま「統合型リゾート」という意味になります。 IRリゾートには、宿泊施設、カジノを含むエンターテインメント施設などが併設されており、それぞれの施設が連携していて、ホリスティックな滞在体験を提供しています。 IRの導入については以前から議論が多く交わされており、IR法案成立は大きな話題となりました。なかでも一番注目されていたのが「カジノの合法化」についてです。国内では長く違法となっていたカジノに、多くの日本人が治安等への懸念を示しました。 ランドカジノオープン計画の現状 カジノ法案は既に成立したものの、すぐにカジノが出来るわけではありません。 […]

オンラインカジノ

日本でオンラインポーカーをプレイする

日本にカジノはないので、今までポーカーで遊ぶには海外にいく必要がありました。これがオンラインカジノの登場により、日本にいながらにしてポーカーを遊ぶことができるようになり、日本でもオンラインポーカーの人気が出てきました。 オンラインポーカーの魅力は24時間いつでも好きな時にゲームが楽しめることです。 日本でのポーカーの状況 ここ数年の毎年、日本ポーカー トーナメントの人気が高まって来ています。その合法性に疑問を持たれるかもしれませんが、現在これらのトーナメントの賞は、他のトーナメントのチケットになっています。これらの実地ゲームはいまのところキャッシュプライズは含まれていません。 歓迎すべきニュースは、日本でのポーカー遊戯は関心の高まりを反映して確かな足がかりを得ています。 オンラインポーカーをプレイするための注意点 実際にオンラインでポーカーを始めたいと考えた時、気を付けなければならないのは安全で楽しく、安心してポーカーを楽しめるセキュリティの充実した優良なサイトを選ぶことが最も大切です。 気を付けなければならないサイトの例 支払が遅れたり支払われなかったり、大金の引き出し要求が無視されたりするような噂のあるサイトはまずもって避けるべきサイトでしょう。また支払えるはずのないポロモーションを提供して客の興味を引き、実際には施行されないサイトにも要注意です。 […]

No Picture
オンラインカジノ

知っておくべきオンラインカジノにおける日本の規制

海外では一般的なオンラインカジノも日本となれば法律の位置づけが変化することもあります。日本のカジノ合法化とともに話題に上がることも多い、オンラインカジノの国内利用での違法・合法な事案について解説していきたいと思います。 オンラインカジノの法律面での議論は沢山の所で取り扱われていますので多くの知識をお持ちの方もおられると思います。ところが日本にはオンラインカジノに適用する確固たる法律がありません。 オンラインカジノは合法?! オンラインカジノは、主にはイギリスやマルタ共和国、フィリピンなど、政府機関から運営の認可を受けてサービスを提供しています。 認可を与えている以上、違法では無く合法と国が認めているのです。 これらの国の多くはランドカジノも合法の場合が多く、そのインターネット版であるオンラインカジノにも同様に合法となっています。 カジノのみでなく、オンラインギャンブル全般(ブックメーカー・オンラインポーカーなど)も同様です。 また、有名な事業者には、株式上場している企業もあり、社会的にも認められており、疑う余地はありません。 海外で合法のサービスを日本国内から利用する事に関しては、また意味合いが変わってきます。 日本人がラスベガスにいってカジノで遊んでも、合法国での遊戯なので、全く問題はありませんが、これが日本国内であれば、「闇カジノ(違法カジノ)で賭博行為をした」とみなされ、賭博罪に問われる事になります。 […]

No Picture
オンラインカジノ

パチンコとは?

パチンコとは、ガラス板で覆った多数の釘が打たれた盤面上に小さな鋼球を盤面左下から弾き出し、釘に従って落ちる玉が特定の入賞口に入ると、得点あるいは賞球が得られる日本の遊技(ゲーム)です。パチンコ台は、多くは木製の板(現在はアクリル製が多い)に多数の真鍮製の釘が打ち込まれた盤をほぼ垂直に立て、前面をアクリル板で覆い、ここに直径11mm、重さ5gのパチンコ球と呼ばれる鋼球を据え付けられている発射装置によって弾き入れます。弾かれた球は、盤面上の釘や羽根、回転体などの構造物に当たりながら複雑な軌跡で盤面を落ちて行き、この間に球が入賞穴と呼ばれる入賞口に入ると、15個以内の規定数の入賞球を獲得することができるのです。盤面には、遊技の妙味を増すために、「役物(ヤクモノ)」と呼ばれる特別な入賞口や仕掛けが施されています。役物は機械仕掛け・電気仕掛けにとどまらず、近年ではデジタル部品を駆使したデジパチと呼ばれるハイテク度の強い機種が主流となっています。 営業形態 一般的な営業形態は風俗営業として、客が遊技の結果得た鋼球をパチンコ店が指定する特殊景品と交換し、景品買取業者(古物商)が運営する景品交換所がそれを買い取る形で現金と交換するシステムとなっています。日本においては風俗営業に分類されます。規制が年々強化され、2018年12月末時点でパチンコホール経営企業数は、前2017年同月末比で241社減少し3,003社、店舗数は464店舗減少で9,794店舗。 ギャンブルとしての仕組み 日本国内のパチンコ店で行われる営業(以下「パチンコ営業」)は、遊技の結果によって賞品を提供しています。 法令に基づく営業において景品を提供する事自体は合法ですが、現金や有価証券を提供することは禁止しています。しかし、客が獲得した景品を古物商に売却して現金化する事例が多く、客から古物商が受け取った景品は景品問屋を通じてパチンコ店に卸されており、これを事実上の賭博行為として問題視する意見もあるなど、多くの社会的問題を抱えているのも現状です。 最近のパチンコ台の流行 現在のパチンコ・パチスロには、児童向けの漫画、アニメ、特撮、ハリウッド映画といったキャラクターものから、歌手、俳優、女優などの芸能人まで起用したタイアップが多数展開されています。また、タイアップ機種によっては版権等の問題から複数のメーカーから機種が販売されたケースが存在しています。ただ、中にはゲーム性が合わなかったり、世の中のトレンドが変わったりして、結局パチンコ化できずにお蔵入りする版権も少なくなく、他にもコンテンツのイメージを崩したくない権利者が色々とつける注文に応えたために却ってつまらない遊技台になってしまったケースもあるようです。 これらは、それらの作品に慣れ親しんだファン層をパチンコへの新規ユーザーとして取り組む宣伝効果を狙ったものと考えられます。

No Picture
オンラインカジノ

Live Casino Houseとは?

ライブカジノハウスは2018年に新設されたばかりの”ほぼ”ライブカジノ専門超ライブカジノ特化型オンラインカジノです。 取り扱うライブカジノメーカーはなんと10種類と業界最多の数となっており、ライブカジノであればゲームも、ディーラーも、卓も正しく選び放題の状態となっています。 ライブカジノファンからしたら天国のようなオンラインカジノですね。 ウェルカムオファー 現在、ライブカジノハウスでは新規登録者限定の特別ウェルカムオファーが用意されています。 ウェルカムオファー内容: 初回から3回目までの入金に対して最大1500ドル+90フリースピンのボーナス。 初回入金:最大500$の100%入金ボーナス+10フリースピン 2回目の入金:最大500$の75%入金ボーナス+30フリースピン 3回目の入金:最大500$の50%入金ボーナス+50フリースピン […]

No Picture
オンラインカジノ

Royal Pandaとは?

なんだかパンダに親しみを感じてしまうオンラインカジノ、それがロイヤルパンダ。ロイヤルパンダになんと日本語サイトが誕生しました。日本人からしてみると何ともアジアンチックで親しみやすいこのキャラクター。ロイヤルパンダを紹介していきます。 ロイヤルパンダのウェルカムボーナス 初回入金100%マッチアップボーナス! 初回入金した額と同額のボーナスがもらえます。(MAX ¥15,000まで) ¥15,000まで、もうちょっとボーナス額上げるか、何回かくれてもいいのに、と思った人には朗報!実はロイヤルパンダのプレイ条件には良い情報条件が! 通常のボーナス賭け条件は35倍ですが、この最初のウェルカムボーナスをゲットした後すぐに勝ったとしても、賭け条件関係なくすぐに引き出しが可能とボーナスページに書いてあるのです。 まずは自分がデポジットした現金からプレイすることになり、現金でのプレイにも通常の賭け条件35倍が適用されます。ただ、この現金プレイで勝ったとしても、賭け条件に縛られることなく引き出しが可能なのです。 これがロイヤルパンダもイチ推ししているオススメポイント。 ロイヤルパンダのユニークな仕組み […]

No Picture
オンラインカジノ

Leovegas Casinoとは?

レオベガスは2012年の設立以来、オンラインカジノ界と共に進化し続け、安全で信頼できる公平なカジノとして高い評価を受けてきたオンラインカジノです。百獣の王であるレオとカジノを代表するラスベカスに由来するレオべガスは、キング・オブ・モバイルカジノを名乗っており、携帯端末からのアクセスがスムーズ。そんなレオベガスが、2019年10月ついに、日本人向けカジノに新しく仲間入りを果たしました。 オンラインカジノと言えば、ご自宅で本場の臨場感が感じられるライブカジノゲームですよね! レオベガスではライブバカラ、ライブルーレット、ライブブラックジャックなど人気のテーブルゲームを用意しています。さらにレオベガスのプレイヤーだけがプレイできるパートナーEvolution Gaming社と作ったレオ専属テーブル「Chambre Séparée(シャンブル・セパレ)」もご用意。もちろん従来のDragon TigerやSpeed Baccarat、今話題のMonopoly Liveも! ライブカジノ対象のボーナスあり 所属しているプレイヤーしかプレイのできない専属テーブルを提供しているオンラインカジノは増えました。レオベガスは何とレオ専属テーブルが16テーブルもあります! […]

No Picture
オンラインカジノ

日本でのアーケードゲームの人気

人々の娯楽としてのアミューズメント施設が新たな事業形態として社会的に注目されるようになったのは1931年、東京浅草松屋百貨店の7階および屋上で開業した「スポーツランド」であると言われています。同施設には、親子で楽しめる豆自動車(バッテリーカー)や自動木馬(キディライド)などの他様々な遊具・ゲーム機が設置されました。以後、目覚ましい技術の進歩の中で、メダルゲームやビデオゲーム、体感ゲームなど様々なジャンルが登場。そうした中で、日本のアーケードゲーム機は国内のみならず、世界各国でも注目を集めるようになり、人々の余暇活動の中で確固たる存在感を示し、独自の文化(カルチャー)を育んでいます。 対戦格闘ゲーム時代の到来 90年代に入り、まず巻き起こったのが「対戦格闘ゲーム」のブーム。それまで、対戦相手はコンピューターというのが一般的でしたが、”プレイヤー同士が対戦する”という対戦格闘ゲームのコンセプトは瞬く間に浸透。CG技術の発展もあり人気作が次々と登場する中、各地で熱い対戦が繰り広げられました。その他、女子中高生から圧倒的な支持を得た「プリント倶楽部」のようなシール機、上手なプレイヤー目当てでゲーム機をギャラリーが取り囲んだ「beatmania」等の音楽ゲームも登場し、アーケードゲーム機を楽しむ客層が一気に広がった時期でもあります。 アーケードゲームはオンラインの時代へ インターネットの普及に伴う高速ネット回線の整備・普及はゲームセンターの遊びを新たな次元へと引き上げました。ネットワークを介した他店舗のプレイヤーとの対戦プレイや協力プレイが可能となり、地域を超えたゲームコミュティが形成されるに至りました。また、こうした最新技術を用いたイノベーティブなゲーム機が人気となる一方、アナログの「カード」を用いてプレイするタイプのゲーム機も登場。その流れからキッズ向けカード機も人気を博し、その礎となった「甲虫王者 ムシキング」の人気ぶりは社会的な話題となりました。 日本でのアーケードゲーム人気の理由 アーケードゲームは日本では下火になることなく人気が続いている理由は、上記でも紹介した通りの日本のメーカーが独自で開発した戦略にあります。 ・プリクラ ・UFOキャッチャー […]

No Picture
オンラインカジノ

日本で最高のジャックポット!

まだオンラインカジノが浸透していない日本ですが、それでも既に一億を超える人生を変えるような高額ジャックポットを獲得した日本人プレイヤーは存在します。ジャックポットは運任せですが、どのスロットで大勝利を獲得したかは気になるものです。ここでは、2018年から2019年の日本人高額ジャックポットウィナーとジャックポット輩出スロットを紹介します。 ゴールドラリーで日本人プレーヤーによるジャックポット ゴールドラリーで2018年の7月3日に日本人プレーヤーが1億6千万台(約150万ドル)のジャックポットを当てました。 このアジア最高額に迫る1億円台のジャックポットが出たのは、ラッキーベイビーカジノ。このゴールドラリーは過去にも、1億円を超える日本人ウィナーを2度出しています。 ジャックポットを見事に勝ち取ったプレイヤーのインタビューでは、ジャックポットを当てるまでにはプレイ開始から2時間ちょっとで、ジャックポットを当てるとは全然想像もしていなく、獲得時は「体内から炭酸のように喜びがはじけてしまいました…」と言っています。 ちなみに、過去にもゴールドラリーで日本人プレイヤーが2012年と2015年に2人億万長者となっていますが、当初は日本が不景気だったため円高でアメリカドルから日本円に賞金を換算すると賞金はかなり低くなっていたそうです。そのため、アメリカドルでは今回のジャックポット勝利は史上2番目の金額ですが、日本円に換算すると今回の勝利は史上最高額となるとのこと。うらやましいですね! アジア最高額、1億7千万台のジャックポット! 2018年4月24日、日本人プレーヤーが日本ならずアジアで最高額となるジャックポット1億7787万円を手にしました。この人生を変えるようなジャックポットを出したのは世界的にも超高額ジャックポットを出していることで有名なメガムーラ(Mega Moolah)です。 そんなアジア最高額となるジャックポット出した日本人プレイヤーに、ジャックポットを出したカジノ、パイザカジノがインタビューしています。ウィナーであるS.K.さんはプレイを始めてわずか40分でジャックポットを当てたそうで、その時のベット額はなんと100円。プレーヤーはこのスロットのシンプルさとジャックポットの当選率からこのスロットでプレイすることを決めたそうです。 […]